女性の筋トレ回数

女性の筋トレ

女性に効果的な筋トレ回数や負荷│体を引き締めスリムにする為のベストな回数

更新日:

女性が筋トレを行う場合、どのぐらいの回数や重量で行えば良いんでしょうか?

実は筋トレの回数や重量で体つきはかなり変わってきます。どれほどの回数でトレーニングを行えば良いのかをしっかりと把握しておかないと、自分の理想的な体型になるまでにはかなり時間を必要とするでしょう。

ここでは、そんな女性に効果的な筋トレの回数や重量について解説するので一緒に見ていきましょう!

体を引き締めるのなら高回数で低負荷

体を引き締める

女性の方で「体を引き締めたい」「スリムにしたい」「細くなりたい」という理由で筋トレを行うという方は出来るだけ高回数でトレーニングを行いましょう。

高回数と一概に言っても種目によって回数は多少変わってくることもあるかと思いますが、体を引き締めてスリムにするには最低でも20回以上を行えるようになりましょう。そして、それを3セット以上行いましょう。

この回数でトレーニングを続けることで、体はゴツくならず徐々に引き締まっていきスリムな体になることができるでしょう。

美容のゼンチシキ
とにかく体を引き締めたかったら高回数で行う必要があるのか
体を引き締めるためには回数は重要です。しかし、それにより筋トレの動作が疎かにならないように集中力を切らさないように意識しましょう。
ゼンチシキ編集部

体を引き締めるのなら回数を多くさせる。高回数で動作が疎かにならないように注意する。

体がゴツくなる筋トレの回数や重量

体がゴツくなる筋トレの回数

では、「体がゴツくなる回数」というのは何回なのでしょうか?結論から言いますと、これは回数ではなく負荷が大きく関わってきます。

普段、女性の方はダンベルやバーベルなどの器具を使用しないトレーニング(自重トレーニング)を行なっている方が多いと思いますが、「体をゴツくしたい」という方は重い重量のダンベルなどで加重を施してトレーニングを行いましょう。

女性の場合、目安とする回数は「10回を限界だと感じる重量」で行ないましょう。この程度の重量と回数で筋トレを続けることで筋肉を大きくさせることができます。

こう見ると、「体がゴツくなるのなら負荷はかけたくない!」というような意見を抱く女性の方が多いと思いますが、実はこの「低回数高負荷」と「高回数低負荷」を使い分けることでかなりメリハリのついた美しいボディを作ることができるのです。鍛える部位によって「筋肉が大きくなる重量や回数」で行うことで、日本人離れした外国人女性のような魅力的な体つきになれるのです。

それに関しては以下で確認してみましょう。

筋肉を大きくしたいのなら高負荷低回数で鍛える。

「低負荷高回数」と「高負荷低回数」を使い分けることの重要性

女性の場合、回数を重ねると体は引き締まっていき、負荷をかけるほど体を大きくできますが、この2つを組み合わせることでくびれを強調し、ボディラインが整った綺麗な体を作ることができます。

そのようなボディになる為には筋肉の部位によって「扱う重量」や「行う回数」を変えていく必要があります。

例えば女性の場合、細い首すじと腕、大きなバストと形の綺麗なヒップ、引き締まった下半身とくびれを最終目標としてトレーニングを行う方が多いと思います。

その場合、腕・首・腹筋・下半身は「低負荷高回数」で行い、ヒップとバストは「高負荷低回数」で行うと望み通りの良い結果が得られるでしょう。

このように大きくしたい部位と引き締めたい部位とで、行う回数や重量を変えていくことが大切なのです。以下のパターンも参考にしてください。

高負荷低回数で筋肉を大きく成長させ、低負荷高回数で筋肉を引き締めることで魅力的な体型になれる。

パターン1

外国人のようなメリハリのある身体つきになる為の回数や重量

外国人の体つき

部位 負荷 回数
低負荷 高回数
低負荷 高回数
高負荷 低回数
高負荷 低回数
背中 高負荷 低回数
お腹 低負荷 高回数
お尻 高負荷 低回数
低負荷 高回数

海外の女性に多い、ウエストが引き締まってプリッとしたお尻と大きなバストにする為には肩・胸・お尻・背中の筋肉を高負荷で鍛える必要があります。少し重いように感じるダンベルやマシンで行うと良いでしょう。

目安とする回数は12回です。この回数で限界が来るような重量を扱ってトレーニングを行いましょう。

パターン2

身体全身を引き締めてスリムにする為の回数や重量

身体全身を引き締める

部位 負荷 回数
低負荷 高回数
低負荷 高回数
低負荷 高回数
高負荷 低回数
背中 低負荷 高回数
お腹 低負荷 高回数
お尻 低負荷 高回数
低負荷 高回数

身体全身を引き締めたいという方は、胸以外は低負荷高回数で行う様にしましょう。そうすることでスリムで引き締まった体型になることができます。

ただし、お尻を低負荷で鍛えるのでウエストは強調しにくくなります。メリハリのついた体系が欲しいという方はお尻を高負荷低回数で鍛えると良いかもしれませんね!

まとめ

以上が、女性のトレーニングの回数や重量の目安となります。

男性の場合、どの部位の筋肉も高負荷で鍛えれば良いのですが、女性が行うとなると鍛える部位によって重量や回数を変えていく必要があるということが分かりました。

大きくさせたい筋肉は高負荷で、引き締めてスリムにしたい筋肉の部位は低負荷で鍛えるようにしましょう。

また、バストやヒップを大きくさせたいという方にはダンベルでの筋トレがかなり重要になってきますが、低負荷で体を引き締めるという方でもダンベルは持っておいた方が筋トレの幅が広がります。是非購入しておきたいですね!

Pick up!!
眠たい時の筋トレ効果

眠たい時の筋トレの効果はないって本当?眠気を覚ます対策方法も解説

仕事で忙しい社会人の方や夜遅くまで部活動だという学生の方がトレーニングを行う時間は必然的に夜になります。 また、中には深夜にトレーニングを行うという方もいるでしょう。そのような場合、眠くてトレーニングのやる気が出ないという経験をした方は多いと思います。 そしてここで次のような疑問が生じます。「眠い状態でトレーニングを行っても効果はある?」 そこで今回は『眠い状態でトレーニングを行っても効果があるのか?』という事と『眠気を覚ます方法』について見ていきましょう! 目次眠い状態でトレーニングを行うと効果はない? ...

詳しく読む

ドラゴンボールのような筋肉

孫悟空やベジータみたいな体型や筋肉になる為の筋トレ方法を解説

今では国民的なアニメであるDRAGON BALL(ドラゴンボール)には、色々な魅力的なキャラクターが多く存在します。 中には筋肉がムキムキなキャラクターも沢山出てきます。そんな時にこれらのキャラクターは一体どのようなトレーニングを行っているか気になりますよね! そこで今回はそんなドラゴンボールの中のキャラクターでも、一際目立つ存在である孫悟空とベジータのような筋肉をつくる方法についてまで行きましょう! 目次孫悟空やベジータのような体になる為にはどこを鍛えれば良い?孫悟空やベジータのような体になるための筋ト ...

詳しく読む

no image

ゾロのような筋肉や体型になる為の筋トレ方法を動画付きで紹介

ワンピースを一度でも見たことがある方なら既にご存知の方も多い、三刀流の剣士であるロロノア・ゾロ。 漫画やアニメの中では良くゾロがトレーニングを行なっている様子をみられると思います。肩幅が広くてかなりカッコいい憧れる体つきをしていますよね! そこで今回は、そんな誰もが憧れる体つきのゾロのような筋肉をつける方法について見ていきましょう! 目次刀をしっかりと持つことが基本!ゾロのような前腕や握力の鍛え方相手に負けない腕力でねじ伏せる!ゾロのような上腕三頭筋(腕)の鍛え方パンチにも耐えられる体になれ!ゾロのような ...

詳しく読む

【筋トレ】範馬勇次郎や刃牙のような鬼の背中の筋肉を作る方法

漫画やアニメで有名な「グラップラー刃牙」ですが、その中に出てくる最強の生物と呼ばれる範馬勇次郎はご存知でしょうか? 範馬勇次郎は背中の筋肉が異様に発達していて、力を入れるとその筋肉が鬼の顔のような形がするということで有名です。 その発達した背中の筋肉である広背筋に憧れた男性は少なくないでしょう。『一度でも良いからこんな背中になれたら...』と感じる方は多いと思います。 そこで今回は、そんな範馬勇次郎や刃牙のような背中になる方法について見ていきましょう。 目次範馬勇次郎や刃牙のような鬼の背中を作るポイント鍛 ...

詳しく読む

ワンパンマン,サイタマ,筋肉

【ワンパンマン筋トレ】サイタマの筋肉や体になる為の筋トレメニュー

アイキャッチ画像引用:http://onepunchman-anime.net/character/#/hero/saitama ワンパンマンの主人公であるサイタマは一見強そうには見えませんが、どんな強敵でもワンパンで倒すことができるほど戦闘能力が高いです。 本人曰く上体起こし100回、スクワット100回、腕立て伏せ100回、これを毎日行うことで戦闘能力は高まるらしいです。 しかし、私たちはそのトレーニングを行なってもサイタマのように強くなることは難しいでしょう。 そこで今回は、ワンパンマンのサイタマのよ ...

詳しく読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼンチシキ情報

ゼンチシキ情報部は皆さんの日々の生活をより良いもにするために活動しております。毎日が祭りのような楽しい日になるように努めます。

注目記事

トレーニング頻度や回数 1

筋トレにおいてインターバルを正しく設けることはパフォーマンス向上や集中力の持続など様々な効果をもたらします。 インターバルは皆さんの思っている以上に重要な事かもしれませんね! 今回は「筋トレに最適な正 ...

筋トレ 集中力 2

「筋トレの途中で集中力が無くなって筋肉を追い込むことができない」というような相談は良くあります。 集中力がなく、筋トレの途中で集中力が切れるていうことは誰しも一度は経験したことがあるでしょう。 そして ...

腕の引き締め効果 3

最近は女性の方でも筋トレを行う方が増えています。ちょっとした筋トレブームが起こっていますね! 筋トレには様々なメリットがあります。それは体が変化するだけでなく、精神面・健康面・美容面など様々なことに関 ...

no image 4

「筋トレを行なっていても思うように筋肉が大きくならない」というような方はいくつかの原因が考えられます。 今回はそんな原因をいつくかご紹介させて頂きます。 もしも筋トレを行なっても一向に筋肉が成長しない ...

-女性の筋トレ
-