スピロテロール

スポンサーリンク

サプリメント&プロテイン

スピロテロールのダイエット効果と飲み方│推奨サイクルやスタックも紹介

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは筋トレのゼンチシキです。

個人輸入で購入することが出来るスピロテロールはその効果により多くの人が服用しています。非ステロイドなので副作用も少ないです。

主にダイエットなどの減量目的で使用されている方が多いように思われます。それだけでなく、筋トレのお供として服用している人も多いです。

そんなスピロテロールは気管支炎喘息などを患う人に対しても有効的な効果を発揮するので医療の現場でも使用されてるのです。日本ではトニール錠やスピロペント錠という名前で扱われています。

今回はそんなスピロテロールの効果を始め、副作用や飲み方などについても見ていきましょう!

スピロテロールの効果

スピロテロールにはどのような効果があるのでしょうか。ここではそんなスピロテロールの効果について見ていきましょう!

ダイエット効果

ダイエット効果

スピロテロールにはβ2アドレナリン受容体を活性化させる働きがあります。β2アドレナリン受容体を活発化させることで、脂肪分解効果があるリパーゼを分泌させることが出来ます。

それによりダイエット効果が期待できるでしょう。減量中の方には強い味方となります。

注意点

スピロテロールにはダイエット効果が期待できるのですが、ひとつ注意点があります。

それと言うのはスピロテロールは脂肪を分解させることが出来るのですが、この分解された脂肪はエネルギーとして消費しなければいけません。

それを怠ると分解された脂肪はまた元に戻ってしまうからです。なのでしっかりと筋トレなどの運動も併用する必要があるのです。

飲むだけでは痩せることが出来ないのでしっかりと運動も取り入れるようにしましょう。

筋肉量の増加

筋肉量が増える

スピロテロールの筋肉増量効果は既に実験されていて、実験ではβ2アドレナリンを投与した男性の筋肉量の変化を測定しています。

実験開始後から14日後は12%の筋肉量の増加が現れました。その5日後である21日には10%向上し、22%にまで向上しました。

この実験から分かるようにスピロテロールでは、十分に筋力増加効果が期待できるのです。

スピロテロールの副作用

基本的にステロイドではないスピロテロールではそこまで気を付けるべき副作用はないでしょう。しかし、スピロテロールにはカリウムを減少させる可能性があるクレンブテロールという成分が含まれています。

これにより以下のような副作用が発症する可能性が稀にあります。

カリウムの減少による副作用

  • 吐き気
  • 脱力感
  • 高血圧
  • 不整脈
  • 食欲低下
  • 手足のしびれ

頻繁に起こるようなことでは無いですが、一応ですが知っておきましょう。

また、他のステロイドとスタック(併用)する場合はそちらの副作用にも気をつけましょう。特にスタックされる頻度が高いオキシポロンやウィンゾロン、ハロフルオックスやプリモノロンなどと服用する場合は、それらの副作用もしっかりと知っておきましょう。

スピロテロールの飲み方やサイクル

まず最初に知って欲しいのが服用期間です。

スピロテロールに含まれている筋力増加効果や脂肪燃焼効果が期待できる成分は2週間で体が順応するので、3週間目や4週間目には既に体制が出来ている状態なので効果はあまり期待できません。

なので服用期間は2週間を目安としてスピロテロールを服用するようにしましょう。

その後に、同じく2週間程度スピロテロールを使用しない期間(回復サイクル)を設けるようにしましょう。

サイクル

スピロテロールのサイクルは2種類あり、2週間使用して2週間休憩期間を設けるといったサイクルです。

このサイクルは短期間で痩せたいという方にオススメのサイクルです。

期間 服用量とタイミング
1~2日目 30㎎(朝)
3日目 50㎎(朝・睡眠前)
4~5日目 70㎎(朝・昼・睡眠前)
6~12日目 80㎎(朝・昼・夕・睡眠前)
12~13日目 50㎎(朝・睡眠前)
14日目 30㎎(朝)

肝心な服用量とその飲み方ですが、ここでポイントとなるのがその服用量の変動です。ピラミッド方式で摂取するようにしましょう。

これは、体がスピロテロールに順応し耐性を作りにくくすることを目的としています。体に耐性が出来ると筋肉量が向上しにくくなったり、脂肪が燃焼されにくくなるからです。

スピロテロールのスタック

スピロテロールの単体でのサイクル、飲み方などの使用方法は分かったところで次にそれらのスタックについて見ていきましょう!

スタックとは他の商品と併用・組み合わせて使用することを言います。スピロテロールだけでは効果が薄いと感じた方などにオススメです。

リオサイトメルスタック

これはりサイトメルとスタックする方法です。その期間や服用量については以下に表として記載しています。

リオサイトメルスタック
期間 スピロテロール リオサイトメル
1 週間目 40mcg (1錠) 25mcg
2 週間目 40mcg (1錠) 50mcg
3 週間目 50mcg
4 週間目 75mcg
5 週間目 40mcg (1錠) 75mcg
6 週間目 40mcg (1錠) 50mcg
7 週間目 50mcg
8 週間目 25mcg

スピロテロールの口コミやレビュー

スピロテロールの実際の口コミやレビューを記載しています。

使用者の意見や感想を聞きたいという方にオススメできます。

口コミ(低評価)

少しだけ減った

スピロテロールを使ってから少しだけダイエットが減りましたが、これといった効果は特にありませんでした。大きな減量効果は期待できません。

口コミでは良い評価なのに...。

口コミなどのレビューを見ていると多くの人が「買ってよかった!」「体重が減った!」と書いているんですが、自分には合わないのか全然体重が減りませんでした。

なのでリピートはしません。

特に変わらなかった

減量を考えていてこのサプリに辿り着きました。使ってみたところ特に大きく変わったことなどはありませんでした。体重も同じく減りませんでした。

低評価まとめ

低評価は少なかったんですが、その中で「効果がない」と言う意見が非常に多かったです。

「周りは痩せるのに私だけ痩せない」という声もあり、やはり個人差によって効き目は大きく変わることが分かりました。

低評価一覧

  • 中々痩せない
  • 効果が無い
  • 変化が一向にない
  • 自分だけ痩せない

口コミ(高評価)

体重が減った!

体重が気になり始めたのでダイエットを始めました。

スピロテロールをダイエットの補助として飲んでいましたが、結果体重が減りました。

ダイエット成功!

1ヶ月でマイナス3キロを目標として、食事制限、運動、筋トレなど様々なこと方法を試しました。

それだけだと不安なのでこの商品を購入したところ、マイナス3キロを達成しました!

お腹の脂肪が減った

前まではお腹には「ギュー」っとつねれるほどの脂肪がついていました。

これはヤバイと思い、このサプリメントを使ってみたら2ヶ月ほどでお腹の脂肪がごっそり減っていました!

高評価まとめ

高評価で多かったのはやはり「痩せれた」という意見です。多くの方がこのような意見を持っているのでダイエット効果はあると思います。

一度試してみると良いかもしれませんね。

高評価一覧

  • 体が引き締まった
  • 痩せた
  • 細くなった
  • 副作用はなかった
  • 安い

スピロテロールの購入通販や値段は?

気になるスピロテロールの販売場所ですが、この製品の主成分であるクレンブテロールは市販薬ではなく、ダイエットなどの目的では購入することはできません。

なので個人輸入で手に入れる事ができます。個人輸入で取り扱っているサイトは以下を参考にしてもらえると分かりやすいかと思われます。

✖と記入している箇所は取り扱っていないという事になります。また、値段は変動することがあります。

スピロテロールの購入場所一覧
通販サイト 料金
Amazon
楽天
メルカリ
ラクマ(旧 フリル)
Wowma!
YAHOO!ショッピング
オオサカ堂 2,526円
SAIKA 2,526円
いろはウェブショップ
H&B store
TOP
お薬なび
Best-Drug 3,940円
E-TEN
くすりゆび 3,200円
KENT
AIRSTRONG 5,200円

スピロテロールの最安値

スピロテロールは購入できるルートが限られています。その中から最安値を上げるとすればオオサカ堂やSAIKAなのではないでしょうか。

2,526円と安価で取り扱っているので購入しやすいと思います。

通販サイトによって大きく値段が変わるのでしっかりとスピロテロールの最安値サイトは抑えておきたいですね!

まとめ

これだけは覚えて帰りたいスピロテロールのポイント

  • 脂肪を分解することが出来るが、運動をしなければ元に戻る
  • 筋肉増量効果がある
  • 非ステロイドなので強い副作用はない

以上がスピロテロールの解説でした。

スピロテロールには脂肪を細かく分解させる効果筋力を向上させる効果がありました。それだけでなく副作用も少ないので初心者にはオススメです。

服用量を守り、正しく服用していればしっかりと効果が得られます。

ただ脂肪の燃焼然り筋力向上然り、トレーニングはしっかりと行う必要があるのでスピロテロールを服用したからと言って怠けずにしっかりと体を動かしましょう。

SNS上でも筋トレに関する情報を発信しているので是非フォロー&追加お願いします。

フォローお願いしますTwitter

追加お願いしますLINE

チャンネル登録お願いしますYoutube

以上、筋トレのゼンチシキでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サプリメント&プロテイン
-