インスリンと筋肉の関係性!本当に筋トレに役立つのか成分なのか?

知らなかったを無くすために

をモットーにゼンチシキでは様々な情報を発信しています。

Webだけでなく、SNSなどでも活動しているので興味がある方は覗きに来てください!

 

スポンサーリンク

こんにちは筋トレのゼンチシキです。

正しい使用方法を理解すると筋肉を効果的に成長させることが出来るインスリン。

筋トレを長く続けている方は一度は聞いたことがあると思われますが今回はそんなインスリンについてまとめてみました。

正しい知識、使用方法を身に着けて貴方のこれからの生活の役にたってもらえると幸いです。

スポンサーリンク

 

インスリンとは

インスリン(別名.インシュリンとも言う)とは、すい臓ランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられるペプチドホルモンの一種です。

インスリンは様々な効果を持っており、その内の一つである血糖値を下げる効果により現代では糖尿病の治療にも使用されています。

インスリンは血液中の栄養素(ブドウ糖 別名.グルコース)を体内(主に筋肉、脂肪組織、肝臓、脳)に体組織として合成し貯蓄します。

肝臓に運ばれたブドウ糖は肝グリコーゲンとなり、筋肉に運ばれたブドウ糖は筋グリコーゲンとして貯蓄されます。

その他には脂肪組織に吸収され体脂肪として合成されることもあります。

このように様々な形に変化することで血糖であるブドウ糖を体組織へ取り込むことにより血糖値を下げることができます。

また、すい臓のランゲルハンス島のα細胞で作られるグルカゴンと共に作用することでも血糖値を下げることが出来ます。

その他に、筋肉に必須の栄養素(ブドウ糖や炭水化物など)の吸収に長けておりフィットネス界でも注目されています。

インスリン感受性とインスリン抵抗性とは

インスリンについて学んでいく上で抵抗性と感受性は切っても切れない関係になっています。

感受性が高いとどうなるのか?筋肉に良いのか?悪いのか?
抵抗性が低いとはどんなことでそもそも何なのか?

おそらく言葉さえ聞いたことが無い人も多いと思います。

そんな方の為に感受性と抵抗性のことについてはこちらに詳しく記載していますので是非見に来て下さい!

筋肉をメインとした感受性と抵抗性について記事を書いている方はほとんどいません。

早いうちに理解するとその分ライバルに差をつけられます!

インスリンの効果一覧

インスリンはブドウ糖を体組織に運ぶだけではなく、それ以外にも様々な効果があります。よく言われるのが血糖値の安定です。

その他にも

  • 解糖促進効果
  • 糖新生抑制効果
  • 糖吸収促進効果
  • 脂肪酸合成促進効果
  • ケトン体生成抑制効果
  • アミノ酸の吸収促進効果
  • グリコーゲンの合成促進
  • グリコーゲン合成促進効果
  • カリウムイオン吸収促進効果
  • 腎尿細管のNa再吸収促進効果
  • 脂肪合成促進効果と分解抑制効果
  • リポタンパクリパーゼ活性化効果
  • タンパク質合成促進効果と分解抑制効果

などインスリンには様々な効果があります。

インスリンと筋肉の関係

インスリンは筋肉を成長させるで必要な栄養素です。

様々な効果を持ち合わせているインスリンを理解することで、それに比例して筋肉も飛躍的に成長していくでしょう。

正しく摂取し、筋肉を効率的に成長させましょう。

グリコーゲンを取り込んで筋肉の疲労回復効果を促す

筋肉の疲労回復は筋肉の成長に大きく関わります。

筋肉は筋トレ時ではなく傷んだ筋肉が回復することでつきます。

インスリンには筋肉にグリコーゲンを効率よく吸収させる効果があります。

グリコーゲンには疲労回復が期待できる効果があるので、筋肉の成長速度を促進させることが出来るのです。

スポンサーリンク

筋肉を分解するカタボリックに効果的

筋肉を合成させるアナボリック
筋肉を分解させるカタボリック

詳しくはこちらから。

これらはインスリンの効果により大きな影響を受けます。
※両者とも筋肉に非常に影響してきます。トレーニーであれば必ず知っておくべき情報です。

血管が拡張し栄養吸収効率を高める

インスリンが増加すると血管が拡張します。

それにより筋肉を構成するのに必要不可欠な糖などの栄養分が効率よく筋肉に取り込まれます。

この時、糖と一緒にタンパク質も吸収されます。

インスリンを増加させるには糖質とタンパク質を一緒に摂取する必要があります。

それにより血糖値が増加するからです。

血糖値の増加はインスリンの分泌に関わってきます

だから『よく食べろ』と言われるんですね。

しかし、一日に何度も食事する事って難しいですよね?

それを解決してくれるのが飲むだけで十分な栄養素を摂取できる『プロテイン』をオススメします

骨格筋の成長を促進する

簡単に説明すると骨格筋とは骨に付いていて、間接を動かすための筋肉です。

インスリンは骨格筋におけるアミノ酸ブドウ糖グルコースカリウムの取り込みタンパク質の合成などを促進します。

そのように筋肉にどんどんと栄養が吸収されるので、体はみるみる大きくなって行くのです。

筋肉グリコーゲン合成を促進する

人間は食事やサプリメントなど外部から炭水化物を取ったとき、活動に必要な分の炭水化物はそこから差し引かれます。

その過程を踏まえて残った余分な炭水化物は、インスリンの働きによって脳、肝臓、筋肉、脂肪組織などに運ばれそこに貯蔵されます。

この過程により筋肉に貯蓄された余分な炭水化物が筋肉グリコーゲンと呼ばれます。

この筋肉グリコーゲンは筋トレ時の燃料となる重要な成分なのです。

ここで一緒に是非とも覚えてほしい事があります。

それは、この筋肉グリコーゲンの量が極端に少ない状態(炭水化物などの栄養が足りてない状態、または空腹状態)で筋トレをすると体は筋肉を燃料として使うのです。

そうするとどうでしょう、筋トレを行えば行うほど筋肉を消費するので体についている筋肉はみるみる縮んで小さくなっていきます。

これはカタボリックと言われる状態です。カタボリックについてはこちらからどうぞ。

インスリンと筋肉の関係まとめ

  • インスリンは筋肉を合成させ、筋肉の分解を防ぐ。
  • 糖の吸収を促し筋肉を大きく成長させることが出来る。
  • 血管を拡張し栄養素を効率的に吸収できる。
  • 疲労回復効果で筋肉を効率よく回復することが出来る。
  • インスリンによって筋トレの燃料と例えられる筋肉グリコーゲンの量が増える。

インスリンを効果的に分泌させる食事法とタイミング

様々な嬉しい効果を持っているインスリンですがそんなインスリンを効果的に分泌させるにはどうすればいいのでしょうか。

インスリンには『基礎分泌』『追加分泌』があります。

ここでは『基礎分泌』ではなく、『追加分泌』についてお話させていただきます。

ではどのような食事方法でインスリンの追加分泌を促せるでしょうか。

インスリンはブドウ糖などの栄養素を体組織に吸収する働きがありましたよね。

ブドウ糖の元は炭水化物です。

炭水化物とは代表的なものに米・パン・うどん・そばなどがあります。

それらを食べると体内でブドウ糖に代わり、その量に比例してインスリンも分泌されます。

筋肉を成長させたいのならこのタイミングに炭水化物を摂取すると良いでしょう。

タンパク質も一緒に摂れば尚良いです。

具体的な例を出してみましょう

Step1 体内の血中アミノ酸濃度を高める為にBCAAをトレーニング直後に摂取しておきます。
Step2 トレーニング後の食事は炭水化物とタンパク質メインにする。

このサイクルは筋量アップにおいてとても効果的なんで是非試して下さい。

しかし、注意点があります。

それは糖質と脂質の摂取厳禁です。

インスリンにより血管が拡張された時に糖質と脂質を摂取してしまっていると、アミノ酸ではなく脂質が細胞に吸収されやすくなるからです。

こうなると、筋力アップではなく脂肪の量がアップします。

インスリンが分泌しすぎると?

インスリンの分泌は体に良い効果をもたらします。

だからと言って炭水化物を摂り過ぎて、インスリンが分泌しすぎると『やりすぎは良くない』と言われるようにもちろん体に悪影響をもたらします。

具体的に言うと、インスリンが分泌され過ぎると脂肪が増えます。

その主な理由に炭水化物を摂取しすぎるとその分、ブドウ糖の量も増加することがあげられます。

ブドウ糖の量が多すぎると筋肉に貯蔵できないようになります。

あふれると言ったら分かりやすいでしょうか。

ここであふれ出したブドウ糖は全て脂肪組織に吸収されます。

これにより脂肪が増えるのです。
そして、この現象が続くと。

リポプロテインリパーゼ(脂肪を蓄積する酵素)が刺激され、体をより太りやすくしてしまうのです。

こうなるとインスリンの吸収優先度が筋肉>脂肪から脂肪>筋肉と変わるのです。

俗に言う『太りやすい体質』になります。

まとめ

インスリンが過剰に分泌されると太りやすい体質になってしまう。

インスリンまとめ

いかがでしたか?

普段あまり耳にしないインスリンと筋肉には実は深い関係があったんです。

しかし、多くの人はそのことについて知りません。

それを知っていることとそうでないことは筋肉を成長させる為には大きく影響してきます。

このサイトではそのようなあまり表に出ない情報も多く取り扱っています。

これからもどうぞよろしくお願いします。

また、情報に誤りがありましたら早急に訂正しますのでご連絡お願い致します。

ここまで読んで下さりありがとうございます。
Twitter上でも、筋トレに関する情報を発信しているので是非フォローお願いします。

Twitterフォローしてくだいっ!

以上、筋トレのゼンチシキでした。

コメントを残す