ナロースクワット

下半身

足痩せ効果があるナロースクワットのやり方│コツや重量を抑えて下半身を鍛えよう!

更新日:

こんにちは筋トレのゼンチシキです。(@zentisiki_W)

下半身を鍛えようと、スクワットを行ったことがある方は多いと思います。しかしそのスクワットにも様々な種類があることをご存知でしょうか?実はスクワットにはいくつかの種類が存在するのです。鍛えたい部分にそれらの様々な種目を使分けることで筋トレの効果を向上させることが出来ます。

ナロースクワットとは下半身の筋トレでは圧倒的人気のスクワットと同じ、下半身を鍛えることが出来る筋トレ種目です。主な特徴はその足幅です。通常のスクワットは肩幅を目安に足を開いて行うのですが、ナロープッシュアップとはその真逆で、足の幅を狭めて行う種目です。

通常のノーマルスクワットとの大きな違いはその点でしょう。

今回はそんなナロースクワットを解説するので一緒に見ていきましょう!

ナロースクワットで鍛えられる筋肉

大臀筋

大臀筋は見て分かる通りヒップに位置する筋肉です。ナロースクワットでこのヒップを鍛えれることは特に女性にって嬉しいのではないでしょうか。なぜならこの筋肉を鍛えることでヒップアップします。それにより美脚効果など様々なメリットがあるのです。

大臀筋,お尻の筋肉,ヒップ

大臀筋を鍛えるメリット【男女別】

筋トレ動作の安定化や立体感あるお尻を作ることができます

大臀筋を鍛えることでヒップアップ効果やボディラインの整いなどの効果が期待できます

ハムストリング

ハムストリングは太ももの裏に位置している筋肉です。ナロースクワットではこのハムストリングを効果的に鍛えることができます。普段目にしない位置にある筋肉ですが、面積が大きい筋肉であるためしっかりと鍛えておきたいですね。

ハムストリング,太ももの裏の筋肉

ハムストリングを鍛えるメリット

下半身の土台であるハムストリングを鍛える事で筋トレ動作の安定化を図ることができる

女性の場合、引き締まった健康的なスリムな脚を作ることができます

大腿四頭筋

大腿四頭筋はナロースクワットが得意とする筋肉です。この筋肉は非常に大きい筋肉なのでしっかりと鍛えることで基礎代謝が向上するなど様々な効果があります。男女ともに鍛えがいがある筋肉なのでしっかりと意識して鍛えるようにしましょう。

大腿四頭筋,下半身の筋肉

大腿四頭筋を鍛えるメリット【男女別】

前から見てもしっかりと分かるぐらい太く逞しい下半身をつくることができる

下半身をスリムにすることができる

ナロースクワットのやり方

step
1
幅を肩幅よりも狭くし姿勢を伸ばす

足を閉じることで通常のスクワットよりも難易度が向上するが筋肉に加わる刺激が向上する。姿勢を伸ばすことで腰痛も防ぐことができる。

step
2
お尻を突き出すようにして腰を落とす

真下に腰を落とすことで下半身に加わる刺激を大きくすることができます。

step
3
腰を下ろせたら、息を吐きながら元の位置まで身体を戻す

息を吐きながら行うことでスムーズな動作を可能にし、筋トレ動作の安定化を図ることができます。呼吸はかなり重要なのでその事を意識しておきましょう。

※分かりにくい方は動画を参照してください。

ナロースクワットの回数や重量

男性向け

男性の場合、立派で逞しい下半身に憧れ方が多いと思います。そんな方は低回数高負荷を意識しましょう。

ダンベルなどで荷重をし負荷を大きくさせ、低回数でしっかりと限界まで鍛えることで筋肉を大きく成長させることができます。まずは8回を目安に行うと良いと思います。

女性向け

女性の方は男性と異なり、下半身を引き締めてスリムにしたい方が多いかと思います。そんな方は低負荷高回数を意識しましょう。

ダンベルを用いても良いですが、30回を目安に高回数を強く意識して行うことで下半身の筋肉を引き締めることができると思います。

ナロースクワットのポイントやコツ・フォーム

スリム,

背筋は伸ばす

これはナロースクワット以外のスクワットでも口酸っぱく言われている事です。それ程重要なポイントなのですね!

胸を張り、背筋を真っすぐと伸ばすことを意識して行うと、筋肉に今よりも効率よく刺激を与える事ができます。

動作はゆっくりと行う

動作はゆっくりと行うことでも筋肉に加わる刺激は増します。

腰を上げる際は多少素早くてもかなわないのですが、腰を落とす際はゆっくりと行うことを意識しましょう。

視線は前を向く

視線は常に前を向いておくように意識しましょう。それにより正しく体の姿勢を保てることが出来ます。

顔をむやみに動かすとその分刺激が分散するので、しっかりと前を向いて固定させておきましょう。そうすることで目的の筋肉にしっかりと負荷を与える事ができ、鍛えることが出来ます。

腰は落とし過ぎない

腰は深く落とし過ぎないように気をつけましょう。あまりにも刺激を与えたいからと言って深く落とし過ぎると体勢が崩れます。それにより筋肉に入る刺激が激減することでしょう。

また、腰を落とし過ぎる事はケガの原因にもかかわってくるでしょう。太ももが床と平行になるぐらいを目安として行う様にしましょう!

まとめると

背筋を真っすぐに伸ばすことで下半身に加わる負荷が大きくなります

動作をゆっくりと行うことで筋肉への刺激が大きくなる

視線を前に向けることで正しいフォームになり軸がブレないようになります

腰を落とし過ぎると動作がスムーズで亡くなったりケガの原因にもなりやすいです

ナロースクワットのメリットや効果

バランス感覚の向上

ナロースクワットは足幅が狭いため、バランスをとるのに一苦労します。それ程バランス感覚が必要とされる種目なのです。なのでこの種目を行っていると、当然のことながらバランス感覚が養われます。

バランス力は筋トレにおいてもスポーツにおいても凄く重要なので鍛えておいて損はないでしょう。アンバランスな体を改善させることができるのです。

ヒップアップ効果

この種目は足幅が狭いことにより、中臀筋と呼ばれるヒップの上部を鍛えることが出来ます。

それによりヒップのトップ部分の形を形成し、整えるにはうってつけなのです。

下半身の引き締め効果

この種目は狭い足幅のおかげで大腿四頭筋を効率的に鍛えることが出来ます。なので足を引き締めることには長けているのです。

女性の方で足の太さを気にしている方は多いと思いますので、そんな方にオススメできる種目です。

まとめると

  • バランス感覚の向上
  • ヒップアップ効果
  • 下半身の引き締め効果

ナロースクワットがキツい・難しいと感じた方へ

ナロースクワットが難しいと感じ方は普通のスクワットをオススメします。この種目はナロースクワットよりも負荷が少ないため簡単に行えるかと思います。この種目ができないとなると基礎となる筋肉が弱い可能性があるのでまずはしっかりと下半身を鍛えましょう!

ケガをしない為には?

ナロースクワットでケガをする体の部位はおそらく腰でしょう。そのほとんどの原因が猫背などの姿勢の悪さです。

なのでしっかりと猫背にならない様に、背筋は真っすぐと伸ばすようにしましょう。またバーベルやダンベルなどで負荷を高めているときほど注意するようにしましょう。

ナロースクワットのバリエーション

バーベルナロースクワット

バーベルナロースクワットは使用できる重りが多いため、ダンベルナロースクワットよりも高負荷を筋肉に与える事ができます。その為、筋肉の成長速度を促進させることが出来ます。

しかしその分バランスをとることが難しくなってくるので、その点についてはしっかりと頭に入れておきましょう。また、過度な荷重はケガの原因となるので気をつけましょう。

ポイントやコツ

  • 背筋を伸ばす
  • 過度な荷重はしない
  • しっかりと体を下ろす

ダンベルナロースクワット

このダンベルナロースクワットではバーベルナロースクワットほどではありませんが負荷を向上させることが出来ます。なのでナロースクワットのマンネリ化に有効的です。また、このダンベルナロースクワットの最大の特徴は手軽に負荷を向上させることが出来る点です。

使用する器具はダンベルだけなので、室内でも手軽に負荷を向上させることが期待できます!

ポイントやコツ

  • バランスを意識して行う
  • 真下に腰を落とす
  • 背筋は真っすぐに伸ばす

持っておきたいアイテム

重り

ナロースクワットで筋肉に加わる負荷を高めるには何かしらの重りがあればかなり行いやすくなります。特にダンベルやバーベルなどは他の筋トレ種目でもかなり役立つ場面が多いので購入しておきたいですね!

Amazonでの相場

3,000円~1,2000円

オススメ度

ナロースクワットはこんな人にオススメ!

  • ヒップアップしたい
  • お尻の筋肉を鍛えたい
  • 下半身を鍛えたい
  • 室内で手軽に行いたい
  • くびれを強調したい

ナロースクワットまとめ

筋トレのゼンチシキ
これだけは覚えて帰りたいの3つのポイント

  • 背筋を真っすぐに伸ばす
  • 下半身の筋肉を意識する
  • 視線は前を向く

いかがでしたか?

ナロースクワットでは通常のスクワットよりも大臀筋や大腿四頭筋に刺激を与える事ができる種目です。なので通常のスクワットでマンネリ化を感じてきた方は、このナロースクワットを行ってみるといいかもしれませんね!

自分の鍛えたい筋肉に合わせて様々な種目を行ってみましょう!

今日はここまでとさせて頂きます。ここまで読んで下さりありがとうございます!良ければこの下の項目にも目を通していただけると助かります。

SNS上でも筋トレに関する役に立つ情報を随時発信しているので是非フォロー&追加お願いします。

フォローお願いしますTwitter

追加お願いしますLINE

チャンネル登録お願いしますYoutube

以上、筋トレのゼンチシキでした!それではまたお会いしましょう!

Pick up!!
筋肉痛や疲労が治らない

筋トレの疲れや疲労が残り取れない時や筋肉痛が治らない時の原因と対処方法

筋トレを行うと筋肉が傷つくだけでなく、精神的にも体力的にもかなりのエネルギーが消費されます。そうなると体には疲労が溜まって疲れが蓄積されたり、筋肉が筋肉痛を起こすることもよくあります。 これはしょうがないことではありますが長期間の間、疲労が抜けないという場合や筋肉痛が治らないという場合はどうすれば良いのでしょうか? 普段は数日たったら筋肉痛も疲労も無くなるのに「最近疲れが取れにくくなったなぁ〜」「筋肉痛が中々治らない」というような方はいくつかの原因があります。 そこで今回は、そんな疲労や筋肉痛が中々治らな ...

詳しく読む

胸ぴく,ピクピク

【大胸筋をピクっと動かす方法】ピクピクできない原因と鍛える部位やコツ

筋トレを行なっていくと胸をピクピクさせたいと思う方は多いと思います。しかし、一度胸をピクピクと動かすことができれば後はいつでも簡単に動かすことができるのですが、肝心なのは最初です。 特にトレーニングを始めたばかりだと一向に胸をピクピク動かすことはできませんよね!最初はかなり難しいと思います。 そこで今回は、そんな胸を中々ピクピクと動かせない方のために、胸をピクピクと動かす方法について見ていきましょう! 目次大胸筋を鍛える胸をピクピク動かすためにはどのくらいの筋肉が必要?大胸筋を動かすための筋トレ方法胸を動 ...

詳しく読む

喧嘩に強くなる筋肉や筋トレ

【筋トレ】喧嘩に勝つため!強くなるために鍛えるべき筋肉と筋トレ方法

アニメや漫画の影響で漠然とですが「強くなりたい」「喧嘩で相手に勝ちたい」と願う男性は少なくありません。特に中高生の内は誰しも強い人間に憧れを抱くことでしょう。 そこで今回は、「喧嘩に強くなる為の筋トレ」ということで解説するので一緒に見ていきましょう! 強くなるためには技やテクニックが必要ですが、筋力もある程度必要になってくるので是非最後まで確認してくださいね! 目次首を絞められても大丈夫!僧帽筋の鍛え方パンチ力を高めよう!広背筋の鍛え方豪腕で相手を打ち負かせ!上腕三頭筋の鍛え方お腹へのパンチを無力化!腹直 ...

詳しく読む

筋トレ時に力が出ない

筋トレ時に力が出ない時や筋肉に力が入らない時の原因と対処方法とは?

筋トレで鍛えたい筋肉の部位に力が入らないという事は皆さん経験したことがあるでしょうか? そのように、ダンベルやバーベルを持ち上げようと力んでも力が一向に出ないという時はどうすれば良いのでしょうか? ここでは筋トレで力が出ない原因とその解除方法について見ていきましょう! 目次力が出ない原因とは?力が出ない時の対処方法トレーニング前にしっかりと栄養を補給しておく同じ部位の筋トレは筋肉が回復するまでの時間を設ける睡眠時間だけでなく質も高めるようにする筋肉の動きをイメージするまとめ 力が出ない原因とは? 筋トレ時 ...

詳しく読む

鎧の巨人カッコいい筋肉

鎧の巨人のようなかっこいい筋肉や体を作る筋トレ方法

アイキャッチ画像引用元:https://www.inside-games.jp/article/2016/01/15/94967.html アニメや漫画で有名な進撃の巨人には様々な種類の巨人が出てきます。その中でも特に一際目立つ存在なのが鎧の巨人ですよね! 筋トレを行なっている方なら鎧の巨人の逞しい体型と、あの鎧のようなゴツゴツとした筋肉に憧れを抱きますよね。 そこで今回は、そんな男のロマンでもある鎧の巨人のような筋肉を作る筋トレ方法について見ていきましょう! 目次鎧の巨人になるには体全身を鍛える必要があ ...

詳しく読む

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゼンチシキ情報

ゼンチシキ情報部は皆さんの日々の生活をより良いもにするために活動しております。毎日が祭りのような楽しい日になるように努めます。

注目記事

トレーニング頻度や回数 1

筋トレにおいてインターバルを正しく設けることはパフォーマンス向上や集中力の持続など様々な効果をもたらします。 インターバルは皆さんの思っている以上に重要な事かもしれませんね! 今回は「筋トレに最適な正 ...

筋トレ 集中力 2

「筋トレの途中で集中力が無くなって筋肉を追い込むことができない」というような相談は良くあります。 集中力がなく、筋トレの途中で集中力が切れるていうことは誰しも一度は経験したことがあるでしょう。 そして ...

腕の引き締め効果 3

最近は女性の方でも筋トレを行う方が増えています。ちょっとした筋トレブームが起こっていますね! 筋トレには様々なメリットがあります。それは体が変化するだけでなく、精神面・健康面・美容面など様々なことに関 ...

no image 4

「筋トレを行なっていても思うように筋肉が大きくならない」というような方はいくつかの原因が考えられます。 今回はそんな原因をいつくかご紹介させて頂きます。 もしも筋トレを行なっても一向に筋肉が成長しない ...

-下半身
-,

Copyright© 筋トレのゼンチシキ , 2019 All Rights Reserved.